債務整理と過払い金請求の方法について

債務整理の中では比較的メジャーなよく知られた手続の一つに、過払い金請求があります。これは、金融業者に対して払いすぎた分のお金を返還してもらう手続のことですが、この手続を自分一人でやるか、それとも法律のプロに任せるべきか、そのどちらかで悩んでる方もおられるかもしれません。これについては、本人がどれだけ手続や法律に詳しいかによって決まります。法律や債務関係にもともと明るく、また専門的な知識があり、なおかつ手続を行った経験があるのでしたら、プロに頼まずに自分で行うこともできるでしょう。

自分一人で過払い金請求に成功すれば、弁護士事務所などに報酬を支払わなくていい分、経済的にはメリットがあります。しかし一方、専門的な知識がまったくなく、法律や債務整理についても明るくないのであれば、逆に一人で手続を行うのは危険です。なぜなら、素人が下手に手続をしても、交渉がうまくいかず過払い金を返還してもらえないこともあるからです。よってこういう場合は、プロの法律関係者に頼んで手続を代行してもらったほうがいいでしょう。

行政書士、司法書士、弁護士など、依頼先はいくつかありますが、プロなら専門的知識があるので、手続や交渉もスムーズに手際よく行うことができ、なおかつ過払い分を返還してもらえる確率も高くなります。ただし、依頼先によって経験や実績、債務整理の得意分野などが違うので、よく比較してこちらの目的に適う依頼先を選ばなければなりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする