自分に合った債務整理とは

債務整理は自分に合った方法を選ぶことが大切です。それぞれの方法に一長一短があるので、必ず弁護士と相談してから決めていきましょう。任意整理、個人再生、自己破産のいずれも弁護士の力を借りることになるので、それぞれの債務整理のメリットとデメリット、現在の自分の経済状況、用意できる弁護士費用などを考慮して決めていくのです。キャッシングやカードローンなどの整理に関しては、任意整理がよく選ばれます。

利息がゼロになるので返済は今までより確実に楽になります。利息が発生する状態で返済を続けていたのですから、利息がカットされればコツコツ返済していくことは十分に可能でしょう。高額債務を抱えている場合は、利息をカットするだけでは不十分なので、個人再生や自己破産といった方法が選択されます。これらの方法は裁判所に手続きする必要があり、官報に名前が掲載されるといったデメリットがありますが、会社に手続きを知られる心配はありません。

債務整理をすれば会社を辞めないといけない、近所にバレてしまう、などという話はすべて嘘なのです。いずれの方法の場合も、債務整理の手続きを開始すればすぐに取り立てが止まります。健全な生活を手に入れるためには、第一に取り立てを止める必要があります。取り立ては自分だけで努力しても止めることはできません。

債権者に対して相談や交渉をしても、相手にはしてくれないのです。取り立てに悩むような状況にあるなら、すぐに債務整理をするべきです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする