債務整理の種類について

債務整理と一言に言っても、いくつかの種類があり、それぞれ減額される債務の額や今後の影響が変わってきます、まず返済できないと言っても、本人に収入があるなどで減額して貰えば返済も可能という場合、債権者と借り手の間で契約の改定を行う事で返済を可能にするという方法があり、これを任意整理と言います。定義的には個人でやる事も可能ではあるのですが、細かい認定や契約の改正などを行うので一般的には間に弁護士を挟む事が多いです。これは債務整理の中でも減額が一番少ない方法ではあるのですが、裁判所を経由しないので官報に名前が載るという事は有りませんし、差し押さえなども有りません。ただし、業者によっては応じて貰えない事もありますし、任意整理という形で信用情報には乗るので今後のローン借入に影響がでる可能性があります。

これが不可能という場合や任意整理ではもう解決しようがないという場合は裁判所に申し立てる事になるのですが、その際に一定の収入があり一部でも返済が可能と見込めるのであれば個人再生という形が取られます。これは貸しつけられた金額の減額も行われるので任意整理よりも返済額は少なくなるのですが、官報に名前がのったり裁判所に出向く必要があるなどデメリットも多いです。債務整理の中でもっとも減額が見込めて、一部の返済すら無理という場合は自己破産という形になります。これは債務と関係する利息の一切を免除するという物で、借金の返済から逃れられるのですが、ほとんどの財産は差し押さえられ競売にかけられますし、信用情報の他に警備員など一部の職業への就職に影響が出るという事で、デメリットも一番大きい方法です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする