債務整理は悪いことではない

債務整理は法律の力で借金を解決する手段であり、いわば国が認めた借金解決法なのです。債務整理に悪いイメージを抱いている方は多く、家財道具まで差し押さえられる印象を持っているかもしれませんが、そんなことはまったくありません。たとえ自己破産をしても生活必需品は守られるのです。債務整理をせずに躊躇している方もいますが、借金が返済できない状態を続けることのほうが周りに迷惑をかけるのです。

利息の支払いもできない状態であれば、借金は膨らんでいくだけなのです。膨らむほど返済は難しくなり、最終的に法的に解決するしかなくなります。いずれ債務整理をするならば、今行ったほうがいいのです。費用は安く済みますし、多くの選択肢から選ぶことができます。

完全に返済不能に陥った状況では自己破産しか選択肢がなくなる場合が多いですが、もっと早ければ個人再生や任意整理などの方法も使えるのです。ブラックリストは怖いものではなく、5年間ローンやクレジットを利用できないだけなのです。個人信用情報機関にブラックリスト、いわゆる金融事故情報が登録されますが、5年以上経過すれば抹消されます。抹消後は住宅ローンや教育ローン、クレジットカードなどの利用が可能となります。

債務整理にはデメリットもありますが、メリットのほうがずっと大きいのです。一度借金の返済シミュレーションを行ってみて、返済できる目処が立たなければ弁護士に相談するべきです。相談費用は格安または無料のところが多いので、金銭的に大きな負担とはなりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする