債務整理にはどのような方法があるのでしょうか

一口に債務整理といっても、色々な方法があります。まず任意整理や自己破産が挙げられます。任意整理は一定の器官以内に、債務を分割して返済するもので、売却できる財産や一定の収入がある人に向いています。一方で自己破産は、裁判所に収入が少ないとか売却できる財産がない人向けで、借金を帳消しにしてもらうものです。

裁判所で破産宣告をし、免責が下りた時点で、借金から解放されます。それ以外には、特定調停や個人再生というものもあります。特定調停は、弁護士や司法書士を通さずに、自分で裁判所に申し立てをする債務整理方法です。調停委員会を通じて債権者と交渉し、返済額を決定するもので、合意に至ると調書が作成され、その規定に従って返済します、経費が少なくて済むのが一番のメリットですが、定期的に裁判所に足を運ぶ必要があります。

また個人再生は、特定のローンを残したい人向けです。たとえば、債務整理はしたいが、家を手放したくないので、住宅ローンは整理の対象から外したいといった場合にお勧めです。また、債務整理をする前に、返済できないかどうかを再検討してみることも大事です。まず借り入れ先の金融機関に相談して、返済額や返済方法を変更してもらえないかを頼んでみましょう。

それでも難しい場合には、弁護士や司法書士に依頼する、あるいは自分で裁判所に申し立てをして、債務整理に入るのがお勧めです。知り合いに弁護士や司法書士がいない場合は、弁護士会や法テラスの無料相談を利用するのがいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする