債務整理の自己破産は弁護士に依頼するのが良い

自己破産などの債務整理の手続きを行いたいときには、法律の専門家を探して依頼すると的確に手続きを進めてもらうことができます。債務整理としてはいくつかの手続きがありますが、自己破産を行いたいと考えたときには、本人が手続きを行うか弁護士に依頼するかのどちらかの方法を選択することになります。本人が自己破産の手続きをしないときには、破産の申し立て人として代理人を立てて手続きを行います。破産申し立て人の代理権は弁護士にしか与えられていませんので、法律家に依頼するときには弁護士に依頼することになります。

弁護士に自己破産の依頼をすることで、書類作成や裁判所への書類の提出などを代理して行ってもらうことが可能です。債務整理の依頼が可能な法律家としては司法書士もありますが、司法書士に自己破産の依頼をしたときには書類の作成が行えるだけで、破産の申し立てや書類の提出などは債務者本人がしなければなりませんので、債務者の負担は大きなものになると言えます。自己破産の手続きは裁判所に申し立てを行ってから、破産の開始決定が行われるまで1か月から2か月ほどの時間が必要になります。ただし、弁護士が代理人として申し立てをするときには、即日面接という制度を活用できるために、早ければ当日中のうちに破産手続きの開始決定を受けることが可能になります。

弁護士に依頼して自己破産をしたときのほうが、債務者個人で行うときよりも1か月から2か月ほど期間を短縮して手続きを行うことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする